私が初めてタラバガニを食べたのは、まだ実家に住んでいたときのことです。私は父親と仲が良く、よく一緒に外出してはいろいろなところに行っているのですが、桜の時期によく行っていたのが上野公園でした。

上野へ行く時は山手線の御徒町駅で降りて上野方面へ歩いていくのですが、いつも立ち寄っていたのがアメ横でした。父親が仕事が休みなのが土日なので土日に行くと人混みがすごく、渋谷か原宿のように歩きづらいほどの混み具合でした。

 

そんなお祭り騒ぎのような雰囲気からか、お店の声かけもとても活気があり、市場の競りのような感じでした。


お店の一つにマグロやカニなどを売っているお店があったのですが、声をかけられ、タラバガニの大きな足が5本ほど入っているのを1万円ほどでどうかと言われました。

しかし父親は、じっと考えているような素振りをみせると、お店の人はどんどん値を下げて行ってくれて5千円にまでなり、購入しました。冷凍でしたが、家で鍋に入れて食べると身がぎっしり詰まっていて食べ応えがあり、とても美味しかったです。